間取りブログ

キッチンコンセント【失敗しない数と位置】同時に家電収納も解決!間取り解説

キッチンのコンセントが足りない?
家電の置き場所決まった?


キッチンコンセント
失敗しない数と位置!
同時に家電収納も解決する
間取り計画

コレタテ
コレタテ
こんにちはコレタテです。あなたのコンセント計画と家電収納を失敗させないアドバイス!詳細図面で解説していきます!間取り打合せの方必見です。


ココにもコンセントがあれば・・
コンセント位置に後悔・・
差込数が足りなかった・・
コンセントの高さを失敗した・・


あわせて読みたい


コンセント計画は

家づくりで失敗した項目に
常に上位にランキング

気を付けていたはずが・・
失敗しがちなコンセント計画。

失敗の原因は家電計画にあり?

コレタテ
コレタテ
キッチンには多めのコンセントを要望される方が多いと思いますが、家電のことも同時に考慮しながら、見落としがなよう再度確認してみましょう

 

コンセント不足の原因

なぜ建てた後に
コンセントが足りなかった・・
使い易い位置になかった・・

そんな事態に?

元々コンセントの数が少ない?

コレタテ
コレタテ
コンセントの基本個数はある程度決まっているケースが多いため、キッチン収納側では(コンセント差込2×2か所)差込合計4カ所程度・・

具体的に「ココに増やして欲しい」要望をビルダーに伝えておかないと、後々足りなかったという事態に・・

もうひとつの原因は・・

コンセントの要望をいつ伝えていいのか分からなかった・・

家電の配置がハッキリ決まらないうちに間取りが決まった・・

最初から、たくさんコンセントは計画してあると思った・・など


コンセントの要望を早めに伝えるのが一番!

コレタテ
コレタテ
家電をどこに置くなど・・まだ具体的に決まっていない場合は、この後解説する場所にとりあえず配線しておけば安心です!

コンセントは家電と同時に考える

間違いないコンセントの
位置や数、高さは?

コンセント差込の必要数は「6つ」

コレタテ
コレタテ
定番の家電だけで差込口6か所必要です

固定して使う家電(収納側)
1.冷蔵庫
2.ジャー
3.レンジ
4.コーヒーメーカー
5.トースター
6.電気ケトル


他に固定して使う予定の家電はありませんか?

独立型浄水器
(置き型タイプ)
独立型の食洗器
(要望により)
ウォーターサーバー

など・・・

失敗しないコンセントと家電収納 応用編


配線を3Dで考える

3D配線とは、家電を置く高さを考えながら、コンセントを、上下左右に計画するという事です。

コレタテ
コレタテ
コンセントは、家電の高さに合わせ、上下に多数配線する事ができます

絶対付けておきたい
便利なコンセント位置

移動して使う家電はキッチン側で解決する

移動して使う家電

フードプロセッサ、
ミキサー、
電気フライヤーetc

コレタテ
コレタテ
移動して使う家電は「キッチン側」にコンセント計画

最近はキッチンの手元を隠さない、オープンキッチンも多く採用されていますが、キッチン側に壁があるプランなら、コンセント配線ができます。

ここにも欲しいコンセント

テーブル側にも
コンセントが絶対便利

コレタテ
コレタテ
対面側にカウンターがあれば、上下にコンセント配線がおすすめ!


カウンター上

携帯の充電場所電話の子機などちょっとした家電が置きやすい場所に。

カウンター下
空気清浄機やファンヒーターなどの家電置き場、ホットプレートなど電気調理器、テーブルでパソコンを使う時の充電器差込(テーブル近くで便利!)他にもお掃除ロボ(ルンバ)の充電場所としても使えます。

まとめ

キッチン周りはコンセントと収納を多めに計画する事はもちろんですが
家電を置く高さも考慮すれば、無駄のない計画ができます。

コレタテ
コレタテ
最後まで読んでいただきありがとうございます。どこに配線しようかな?とお悩みの方は・・

今回紹介した位置にまずはコンセントを考えてみることもおすすめ。

家電の使える位置や高さなど、失敗しない収納とコンセント配線のヒントになると思います!

あわせて読みたい


目指せ「たこ足配線ゼロ!」
目指せ「3D配線!」

 

関連コンテンツ