解決のヒント

2階建ての場合でも【将来平屋的に住める】間取りアドバイス

平屋にするか?それとも2階建て?

2階建ての場合でも
将来平屋的に住める
間取りアドバイス


本当は平屋が良かったけど・・敷地が狭かった?

予算的なところで平屋を断念した?

建てるなら平屋!2階建て!とはっきり決めている・・

 

コレタテ
コレタテ
こんにちはコレタテです。家づくりの希望や敷地の条件、またコスト的な要素も含みながら、平屋にするか、2階建てがいいか?悩ましい選択ですよね。


2階建てがいいけど
将来2階の寝室に行くのがちょっと心配・・そんな方も少なくないと思います。


2階建てでも、平屋の暮らしやすさを取り入れた間取りの作り方ってない?

コレタテ
コレタテ
今回は2階建てでも平屋的に暮らす事ができる間取りアイデアをお伝えしたいと思います


2階建てを計画中の方へ

ひとつの要素をプラスするだけで、将来2階の寝室に上がらなくていい、そんな1階で生活の全てが完結できる平屋のメリットを2階建てでも実現できたらいいなと思いませんか?

コレタテ
コレタテ
内容はシンプルですが、効果大の設計手法。是非参考にしてみてください

将来平屋的に暮らす1
少し広めの和室を計画する

3帖程度の小上がり和室のメリットはブログでもお伝えしましたが、和室を少し広げる事で将来寝室としても使いやすくなります(その場合、最低4.5帖は欲しいところ)

 

 

あわせて読みたい

和室にウォークインクローゼットをプラス

布団だけではなく、洋服類の収納も確保しておくと安心です

コレタテ
コレタテ
将来和室にベッドを置きたい場合は、床をフロアーにする工事が必要になりますが、重要なのは、寝室として使用できるスペースが1階に確保してあるか?という事です

玄関から直接和室の動線を確保しておくと便利

LDKからだけ和室に行けるより、玄関から直接和室に行ける動線を確保しておくと便利です。部屋の独立性も高まります(廊下から行けない場合はクローゼットを通って行くのもあり!)

家の大きさに関係なく、上のようなコンパクトな間取りでも【玄関→LDK,玄関→和室】の動線を作っておくと回遊性が生まれ、機能的で快適な間取りに。

和室を独立させるか?
LDとつなげるか?

上の3つの事例はLDKと繋げた和室。LDと一体で使えるメリットがありますが、

和室を独立させた場合は、落ち着いた空間になり、寝室としても適した部屋になります

 

 

あわせて読みたい

将来平屋的に住む2
寝室を1階に計画

コレタテ
コレタテ
理想的ですが贅沢な作り方ですよね。2階に子供部屋だけを作る間取りになると思います。

 


寝室を1階に作るデメリットとしては、1階の面積が大きくなる事で、敷地に配置できないケースや、コスト的にも総2階の2階建てと比べ「基礎、屋根」の面積が大きくなる為、割高になります。

まとめ

コレタテ
コレタテ
最後まで読んでいただきありがとうございました。2階建ての場合でも、和室を活用したり、クローゼットを作っておいたりすることで、将来寝室として兼用できる間取りを作る事ができます。

ちょっとプラスするだけで、将来的にも安心できる間取りづくり!是非参考にしてみてください

 

 

関連コンテンツ