間取りブログ

玄関収納 おすすめ間取り【ウォークスルーシューズクローク4実例】

片付かないものを一挙に収納

シューズクローク扉必要?
何を収納? 
便利な収納にするには

そんな疑問を解決!
動線、機能別【収納アドバイス】

 

コレタテ
コレタテ
こんにちはコレタテです

今回は、間取りに取り入れたい要望も多い玄関収納「シューズクローク」の解説です

靴だけではなく外で使う物、季節ごとに使う家電、レクリエーション関連のものまで、色々と収納できればさらに便利ですよね。


おすすめ!
ウォークスルー
シューズクローク

おすすめ間取り4実例

コレタテ
コレタテ
何でも片付きそう!便利そうだから取り入れてみたい「ウォークスルーシューズクローク」今回も間取り図を交えながら、より具体的に解説していきます!

ウォークスルーシューズクローク おすすめ4実例

■今回解説するシューズクロークは、4実例とも全てウォークスルー(通り抜けできる)間取り。扉は必要?何を収納する?失敗しないシューズクロークの作り方を徹底解説。是非参考にしてみてください。

コレタテ
コレタテ
ウォークスルー動線にそれぞれに特徴があります。どのタイプがあなたのライフスタイルに合いそうでしょうか?

あわせて読みたい

シューズクローク1
クロークからトイレ

Type1
クローク→トイレ

玄関→クローク→トイレ

コレタテ
コレタテ
シューズクローク動線の先にイレ、手洗いコーナーを配した間取り

ウォークスルー先にトイレや手洗い等の水回りがあると快適!(出がけの際の身支度チェックや、帰宅時の手洗いうがい等に)

あわせて読みたい

シューズクローク扉必要?

コレタテ
コレタテ
シューズクロークは扉あり?扉なし?・・おすすめは扉あり(またはカーテンなどで)目隠しがある方が落ち着くと思います(丸見え防止

4実例は全て扉付きの設計

シューズクローク大きさや位置によって扉が付けにくい、ドアを付けるとかえって使いづらいなどのケースもありますが、今回は扉付きの収納として参考にしてみて下さい

シューズクローク2
クロークからキッチン

Type2
クローク→キッチン

玄関→クローク→キッチン

コレタテ
コレタテ
シューズクローク先にキッチンを配した間取り

クローク内に勝手口も作ると、外からの出入りもできてさらに便利。
収納の一部をパントリーとしても兼用も可能に。

勝手口なしでも、もちろん便利です

シューズクロークをもっと便利にするアドバイス


シューズクローク3
クロークからホール

Type3
クローク→ホール

玄関→クローク→ホール

コレタテ
コレタテ
シューズクロークの先にホールを配した間取り。

一番シンプルな動線。この動線の場合は特に扉が欲しいところです。

画像は引戸を開けた状態。ドアでは邪魔になるので、使い勝手を優先して約600㎜幅の狭い引戸で納めた例

幅の狭い引戸が使いやすくてオススメ

あわせて読みたい

シューズクローク何を収納?


あわせて読みたい

傘、レインコート、羽織物、ゴルフバッグ、ベビーカー、部活や趣味の道具、BBQ,アウトドア用品、季節ごとの家電(扇風機やファンヒーター、ホットカーペット類)年に1回使用する(クリスマスツリー、節句、お雛様など)新聞、雑誌など一時的にたまる物、自転車や三輪車、掃除用具・・

 

スポンサーサイト



シューズクローク4
クロークからLD

Type4
クローク→LD

玄関→クローク→LD

コレタテ
コレタテ
シューズクロークの先にLDを配した間取り。

LDK+水回りにもアクセスできる機能的な位置にある収納

シューズクロークから、どの部屋にも行けるのは便利!

家中の片付けたい物を、ササっと隠せる収納位置です

コンパクトでもウォークスルー収納はやっぱり便利

ちょこっとの収納でも片付く


扉付き=隠せる収納=スッキリ

コレタテ
コレタテ
小さな収納でも・・収納内を見せたくない場合は扉付きがやっぱりオススメ

まとめ

いかがでしたか
ウォークスルーシューズクローク
タイプ別4実例

コレタテ
コレタテ
最後まで読んでいただきありがとうございました。部屋を広くするか・・収納をとるか・・優先順位で悩む場合もあると思いますが、部屋を広く計画しても結局部屋にモノがあふれてしまっては本末転倒ですよね

1階にサッと片付けやすい(物を隠せる)収納小さくても1カ所あれば本当に便利!ぜひあなたの間取りにも取り入れてみて下さい

 

 

関連コンテンツ